粉末成形型の加工技術

    

粉末成形型・冷間鍛造部品の加工

耐久性・精度・安全性を考慮しトータルコスト削減に貢献する部品を提供します。

粉末成型金型


超硬メーカーとして、自社用の粉末成型金型の技術を生かして、より高精度金型の設計・製作に取り組んでいます。

冷間鍛造部品


圧力に耐えられる材料を解析、提案しデメリットをできるだけ少なくします。使用後の材料調査もできますので次につながるご提案をいたします。

超硬金型部品に求められる技術

用途に適した超硬素材の利用

超硬合金の素材選定から提案できます。

東海合金工業の超硬合金ブランド「トーカロイ」は様々な用途に合わせた最適な素材を揃えています。

お客様の用途をお聞きした上で、トーカロイのラインナップから材質を選定し、提案します。

トーカロイの詳細はこちら

精度の高い加工

精密加工を得意としています

ワイヤーカット、放電加工、磨き加工などを使った高精度加工を得意としています。

ミクロンレベルの精度にも対応できます。

 

保有設備はこちら

最適なすべりを生む表面粗さ

手による最高レベルの研磨が可能です

独自の研磨材+研磨粉を使って、手作業による磨き加工を行います。

機械では難しい形状にも磨き加工を施します。

滑り性能が求められる金型部品やスチールへの磨きも対応可能です。

磨き技術の詳細はこちら

超硬素材以外にスチールも加工します

超硬合金以外にもスチールの加工も得意としております。スチールも生材仕上げから高硬度のハイスの仕上げまで可能です。

粉末成形型部品の加工でしたらぜひ東海合金工業へ!

粉末成形型・冷間鍛造の部品には高精度が求められます。単に精度が高いだけではなく、滑り性能も必要になってきます。

弊社は素材の選定からミクロンレベルの精密加工、手作業による最終仕上げまで丁寧に対応いたします。

さらに三次元測定機や画像測定器なども保有していますので、安心してお任せいただけます。