技術的根拠のある提案(数値計算)

    

数値計算を使った技術的根拠のある提案

弊社はお客様が抱えている課題の現象を把握するために数値計算を取り入れています。

製品の構造、使用条件、使用環境などをできる限り考慮し、再現性の高い解析を行います。解析した結果を基に、お客様の課題を解決するための最適な形状や材料を提案いたします。

数値計算により課題の本質を見極め、技術的に根拠のある提案ができることが弊社の強みです。

数値計算

東海合金工業が解決できる課題

数値計算力だけではなく、製造技術も強みの一つです。集中応力による変形や割れ、摩耗など繰り返し運動によって生じる課題の原因を発見し、改善品を提供することを得意としています。また、流体解析によりノズルの最適形状を提案することもできます。

集中応力による変形や割れ

数値計算により集中応力がかかっている場所を特定

摩耗

繰り返し摩耗による耐久性を評価

流体関係

数値計算によりノズルの最適形状を検討

提案事例

ダイスの焼嵌めによる強度の向上のための提案

強度向上のために、ダイスの構造による応力の変化に着目しました。

焼き嵌め代による強度の変化を調査し、得られた結果から使用する際に考えられる最適な形状をご提案いたしました。

焼嵌めによって起こる懸念点の提案

寿命の向上を目的としてお客様からは超硬焼き嵌めをご要望されていました。
超硬合金メーカーならではの対応として、焼き嵌めによる寿命向上が見込めるかどうかを応力解析を用いて調査いたしました。

調査の結果、様々な懸念事項が明確になったため
焼き嵌めではなく超硬ソリッド及びスチールソリッドでの代替をご提案いたしました。

最大応力を低下させるための構造の提案

現設計でお客様にお困りごとが発生。応力解析をし、原因を追究いたしました。

調査によって明確になった部分を参考に、応力を低下させるダイス構造をご提案いたしました。

これにより、製品の高寿命化を実現しました。

バニッシングドリルの噴射解析による最適形状の提案

切削液が切れ刃部分に到達し、なおかつ工具寿命を向上させるために最適な形状をご提案いたしました。

より確実な結果が得られるように、解析によって形状を細部まで分析いたしました。

最適ノズル形状の提案

長年の実績と解析の蓄積により、お客様の希望する流量やスプレーパターン、材質など最適な提案をいたします。

提案の流れ

1.まずはお悩みを教えてください。

電話でもメールでもオンライン会議でも大丈夫です。
どのような課題を抱えているのか教えてください。

開発中の問題や現行品の不具合などなんでもご相談いただいて大丈夫です。

2.内容を詳しく聞くための打ち合わせをさせていただきます

お客様のご要望をお聞きした上で、打ち合わせをします。

こちらからの提案はもちろんお互いの認識を合わせることで、課題の原因追求と解決策を探っていきます。

3.数値解析をしながら原因を調査します

課題が明確になったら次は数値解析を行います。

使用環境や使用条件などをコントロールし、不具合の再現を行います。

不具合が再現できたら、その原因を数値的に見つけます
例えば、集中応力がどれくらい、あたりがどれくらいなどをデータで確認します。

4.課題が解決できるような製品を提案します

原因がわかったら、それを解決するための製品を提案します。

弊社はものづくりの技術も保有しているため、材質の提案、形状の提案など幅広い提案が可能です。

技術的なことでお困りでしたらぜひ東海合金工業へ!

何が原因で不具合が起こっているのかわからない。新製品の開発に数値計算を取り入れたいなど、現象を見える化したい方は東海合金工業にご相談ください。

流体解析、構造解析を駆使し、何が起こっているかを技術的に求めて課題を解決いたします。

現象の調査から課題解決方法の提案、課題を解決する製品の製造まで一貫してお任せいただけます!