精密加工の受託について

    

精密加工(特に磨き)を得意としています

弊社は超硬合金やスチールなどの金属製品の精密加工を得意としています。ワイヤーカットや研磨機はもちろん、手による磨き加工などこだわりをもって仕事をしています。

耐久性・精度・安全性を考慮しトータルコスト削減に貢献する部品を提供致します。超硬合金では素材から完成品まで自社グループ内にて一貫した製造ラインを展開しておりますので納期に関してもご満足いただけます。
耐久性・精度・安全性を考慮しトータルコスト削減に貢献する金型部品を提供致します。

ワイヤーカット

ワイヤーカットにより精密な加工を行います。

数種類の研削機

研磨加工により高精度を目指します。

手による最高レベルの研磨

独自の研磨ノウハウで最終仕上げを行います。

東海合金工業の技術が生きる製品

  • プレス金型用部品
  • 鍛造用金型部品
  • 射出成型用金型部品
  • ダイカスト用部品
  • その他表面処理:対応材種:超硬合金・鋼(プリハードン鋼・SKS・SKD・SKH・粉末ハイス)
超硬金型部品

超硬金型部品はミクロンレベルの精度と滑りの両方が求められます。弊社は高精度加工はもちろんレベルの高い磨き技術も保有しているため、超硬金型部品の製造は弊社にお任せください。

超硬金型部品の加工技術についてもっとみる

粉末成形型

超硬メーカーとして、自社用の粉末成型金型の技術を生かして、より高精度金型の設計・製作に取り組んでいます。弊社の磨き加工により型の精度を上げれるため、より良い製品づくりが可能になります。

粉末成形型の加工技術についてもっとみる

東海合金工業の精密加工設備

ワイヤーカット(7台)、放電加工(6台)

ワイヤーカットを7台、放電加工を6台(細穴放電加工機も有り)保有しています。

ワイヤーカットや放電加工は加工時間が長くなりますが、台数を増やすことで量産品にも対応できる納期体制を整えています。

設備の詳細はこちら

研磨加工機(40台)

弊社の主力加工は研磨加工です。平面研磨機から内径、外径研磨などすべて含めると保有台数は40台になります。

丸、板問わず一通りの加工が可能です。

多品種小ロットにも対応できますので、研磨加工でお困りでしたら弊社にご相談ください。

設備の詳細はこちら

磨き加工技術

手による最高レベルの研磨加工

最終磨きは手で行います。
手磨き専用の設備を使い、一つづつ丁寧に磨きを行います。

機械や研磨機では難しい磨きも手を使うことで丸、板共に対応しています。
材質は超硬合金、スチール、ステンレスなど金属ならば磨けます。

製品の滑り具合などでお困りでしたら弊社にお任せください。

厳選した研磨材を使用

研磨材は竹や木材を何種類も試行錯誤を兼ねて見つけた特殊な素材を使用しています。

独自ブレンドの研磨粉を使用

研磨粉はダイヤモンド粒子などを、独自で混合したペースト状のものを使用しています。

精度を保証

研磨加工室のすぐ近くに形状測定を設置し、表面粗さを確認しながら加工行っています。

東海合金工業の精度保証

豊富な測定機を使って精度を保証

三次元測定器や形状測定器、画像測定機を使って精度を保証しています。

■表面粗さ・輪郭形状測定機 CONTOURECORD 2800E [東京精密]
■三次元座標測定機 PRISMO-5 VAST S-ACC [ZEISS]
■非接触全自動測定システム SS ZIP250E Advance [OGP]
■工具顕微鏡 TUM-170EHN [TOPCON]

精密加工の依頼はぜひ東海合金工業へ!

弊社は精密加工、特にワイヤーカット、研磨、磨き加工を得意としています。磨き加工は手作業による最終仕上げを行うことで、機械では出せない滑らかさを実現しています。超硬合金、スチールなど様々な材質の精密加工をおこなっています。

三次元測定器や形状測定器、画像測定機を使った精度保証をし、エビデンスも提供いたします。

精密加工を得意とする企業をお探しでしたら、東海合金工業にお問い合わせください。